商品一覧  ■防水材・止水材        <<<Top

< 無機質浸透性防水材 >
エレホン・#100
エレホン・#100」中の浸透性成分である珪酸質系粉末が、水を加える事によりコンクリート中の毛細管空隙に浸透・拡散し、空隙に存在する遊離石灰と反応し不溶性の結晶体と成り、不透水性防水層をコンクリート躯体中に形成します。
「エレホン・#100」は、表面的な塗膜防水材とは異なり、躯体その物を防水体に変化させるセメント系防水材です。


< 特  徴 >
 新設・改修を問わず、コンクリート躯体への馴染みが良い。
■ 背水圧に対し逆行性である為、内・外躯体両面の防水が可能です。

■ 無機質浸透性防水材の為、毒性がなく、安全に施工できます。
■ 専用樹脂「エレホン・シーラー」を混入する事により、防水性、接着性等の性能が向上します。


< 用  途 >
■ 浄水場・工業用水場
■ ポンツーン・ボックスカルバート
■ 地下湧水ピット・受水槽・防火水槽
■ 止水工事後の上塗り防水材として
■ その他、コンクリート構造物の防水に


< 荷  姿 >
エレホン・#100 エレホン・シーラーのページへ
< 専用樹脂 >
コテ塗りタイプ ハケ塗りタイプ
エレホン・#100(コテ塗りタイプ) エレホン・#100(ハケ塗りタイプ) 混入する事により「エレホン・#100」
の性能を向上させます。

エレホン・シーラー
25kg防湿袋 25kg防湿袋 2kgポリ容器


< 施工方法 >
1. 下地処理 欠損、亀裂、ジャンカ、漏水等がある場合、予め処理を行う。
2. 下地清掃 施工面の汚れやレイタンス等をサンダーで除去し、水洗いを行う。
3. 下地の
  吸水調整
下地が乾燥状態の場合、十分な水打ちを行う。
4. 調   合 規定配合で調合し、よく撹拌する。

■ 標準配合
  @ 清水に徐々に「エレホン・#100」を加えハンドミキサーでよく撹拌する。
用途 エレホン・#100
(紛体)
清水
コテ塗りタイプ 25kg 6〜8kg
ハケ塗りタイプ 25kg 11〜13kg
■ 専用樹脂(エレホン・シーラー)混入配合
  @ エレホン・シーラーに清水を加えよく撹拌する。
  A @で出来た水溶液にエレホン・#100を徐々に加え再度撹拌する。
用途 エレホン・#100
(紛体)
エレホン・シーラー
(専用樹脂)
清水
コテ塗りタイプ 25kg 2kg 5〜6kg
ハケ塗りタイプ 25kg 2kg 10〜11kg
5. 塗り付け 規定配合で調合した「エレホン・#100」をコテ・ハケ・吹付け等で塗布する。
■ 標準塗布量
用途 標準配合 専用樹脂混入配合
コテ塗りタイプ 2.0kg/u 2.16kg/u
ハケ塗りタイプ 1.5kg/u 1.62kg/u
※ ハケ塗りタイプの塗布量は、2回塗り(ハケ塗り)です。
 ハケ塗りタイプ(ハケ2回塗り)塗布方法

下塗り シゴキ付けるようにしっかり塗布する。 (使用量:約0.75s/u)
上塗り 下塗り乾燥確認後(約40分)、同様に塗布する。 (使用量:約0.75s/u)

< リシンガン等で吹付けながらハケで仕上げていくと効率良く施工が出来ます。>
6. 養   生 上塗り終了後、最低でも3日間の養生を行う。
< 但し、現場状況により養生時間の変更が必要な場合があります。>
7. 注意事項 ■ 専用樹脂「エレホン・シーラー」以外は使用しないで下さい。
■ 他のセメント、骨材、混和材等の混入は避けて下さい。
■ 調合は規定通り行い、過度の混練は避けてください
  (混練時間 2分程度)
■ 一度硬化しかけた材料に再度水を加え撹拌したものは絶対に使用しないで下さい。
■ その他、不明な点等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。


< 性  能 >
■ 透水試験
項目 普通モルタル エレホン・#100
透水量(g) 78.0 4.88
※透水試験はJIS A 1404に準じて行った。


■ 強度試験
試験項目 試験結果
接着強さ(N/o2 1.86
圧縮強さ(N/o2 28.1
※接着強さ試験は、建研式により行った。
※圧縮強さ試験は、JIS R 5201に準じて行った。



エレホン・化成工業株式会社